名古屋と岐阜で中小企業さまを対象にITによる経営支援をしている株式会社スペシウムです。

スマートフォンやタブレットに直接転送できるスキャナー ScanSnap ix500 登場!

● スマートフォンやタブレットに直接転送できるスキャナー ScanSnap ix500 登場!

スペシウムの浅井達也です。

PFUから、個人向けドキュメントスキャナー分野でシェアトップの「ScanSnap」シリーズの新製品「ScanSnap iX500」が発表されましたね。

スポンサーリンク


ScanSnap iX500

ScanSnap は、A4サイズまでの用紙(付属のキャリアシートを使うことでA3サイズまで対応可)やカード類を連続的にスキャンして、PDFファイルまたはJPEG画像に変換できるドキュメントスキャナーで、この商品の登場により、自分で紙媒体の書籍や書類などをスキャナーで取り込んで電子化データとして保有するという「自炊」をする人も増えてきました。

そんなScanSnapの最新機種であるiX500の最大の売りは、
「スキャンしたデータが、スマートフォンやタブレット端末へ直接転送できる!」です。

ScanSnap ix500 x iPad

これまでは、スキャンしたデータは、パソコンを介してでないと他で利用することができなかったのですが、iX500とiPhoneやiPadなどのiOSまたはAndroid端末をWi-Fiで接続すれば、パソコンを介さずにスキャンデータ(PDFあるいはJPEGファイル)を直接転送できるのです!

既にプリンタ複合機では、Wi-Fi経由でスマートフォンから直接プリンタ複合機に印刷できるようになっていますが、それがScanSnapでもできるようになったというわけです。

実際に使う際は、iOSまたはAndroid端末から同機能を利用するには、同社が無償で配布する専用アプリのインストールが必要です。
(専用アプリは、App StoreおよびGoogle Playで配布開始される予定です)

ScanSnap iX500の登場により、ますますスキャナーを使う機会が増えそうです♪

スポンサーリンク

タグ:, , ,

facebookページいいね!してね @specium

ページトップへ