名古屋と岐阜で中小企業さまを対象にITによる経営支援をしている株式会社スペシウムです。

ペニーオークションは、上限総額を決めて参加しよう

●ペニーオークションは、上限総額を決めて参加しよう

スペシウムの浅井達也です。

タレントが購入してもいない商品を買ったとブログに書きこんだことをお詫びするなど、最近「ペニーオークション」について見聞きするようになりました。

スポンサーリンク

ペニーオークションとは、その名のとおりネットオークションです。
特徴として、ヤフーオークションを代表とした一般的なオークションと違い、入札ごとに手数料が発生します。(手数料は、ペニーオークション主催者に渡ります)

たとえば下図のように時計を4円で落札した場合、実際に落札者が支払うのは54円(入札金額4円+手数料50円)になります。
そして、もし4円で落札する前-たとえば2円の段階-でも入札していたら、その際の手数料50円も支払う事になるわけです。

さらに今問題になっているのは、このシステムを利用して、入札価格を故意に吊り上げる業者がいるということ。

入札金額を競って、無事に商品を入手できた人はまだしも、入手できなかった場合は、商品が手にできない上、それまでに入札した回数分だけ手数料が徴収されてしまうわけです。手数料の支払いに関しては、商品を入手できた場合でも同じで、それまでに入札した回数分だけ手数料が徴収されます。

ビッグデータ概念

なので、ペニーオークションに参加する場合は、入札金額でなく、手数料等を含めた総額でいくらまでなら出せるという上限を決めて参加しないと思わぬ出費となってしまうことがあるので、充分注意しましょうね。

スポンサーリンク

タグ:, ,

facebookページいいね!してね @specium

ページトップへ