名古屋と岐阜で中小企業さまを対象にITによる経営支援をしている株式会社スペシウムです。

iPhoneなど、Lightningコネクターをプロジェクターにつないでプレゼンする方法

● iPhoneなど、Lightningコネクターをプロジェクターにつないでプレゼンする方法

スペシウムの浅井達也です。

今やプレゼンテーションも、パソコンからiPhoneやiPadで行なうという人が珍しくなくなってきました。

スポンサーリンク

それを受けて以前、iPadやiPhone4Sをプロジェクターにつないでプレゼンする方法というお話をしました。

ワタシも普段はiPadでプレゼンをやっているので、その時に要るケーブルをご紹介したのですが、iPhone5以降、Appleはコネクター部分の形状を小さくした物に変更してきた(この小さくなったコネクターをAppleは『Lightningコネクター』と呼んでいます)ので、先の記事でご紹介した記事のケーブルでは間に合わなくなってしまいました。

そこで今回は、Lightningコネクターを持ったデバイス(iPhone5やiPad miniなど)でプロジェクターにつなぐことができるケーブルをご紹介いたします。

Lightningコネクターを持ったデバイスをプロジェクターにつなごうとする時には「Apple Lightning to VGA Adapter」を使います。

Lightning to VGA Adapter

Lightning to VGA Adapter
Apple Lightning to VGA Adapter

Apple Lightning to VGA Adapterは、iPhone4Sなど、前の形状のコネクターのVGAアダプターと違い、iPhone5などを充電しながらプロジェクターに投影することができます。

これはバッテリーの消耗が激しいiPhoneでのプレゼンの際にはとても助かりますね。

なお、ディスプレイ側がHDMIに対応している場合は、Apple Lightning Digital AVアダプターが使えますので、併せて持っていると重宝します。

スポンサーリンク

タグ:, , , , ,

facebookページいいね!してね @specium

ページトップへ