名古屋と岐阜で中小企業さまを対象にITによる経営支援をしている株式会社スペシウムです。

OneDriveを利用すればWordやExcelが無料で使えます

●OneDriveを利用すればWordやExcelが無料で使えます

スペシウムの浅井達也です。

Windows8が登場して話題になりましたよね。
しかしなぜ話題になったのでしょうか?
どう見ても今は、AppleやGoogle、それにfacebookといった会社の方がIT企業では先行していて、とりわけモバイル分野では、マイクロソフトは完全に後手に回っている会社だというのに。

それは、
1.MicrosoftのWindowsが、パソコンのOSの圧倒的シェアを占めているから
2.さらに、文書作成ソフトや表計算ソフトもまた、MicrosoftのWordやExcelといったマイクロソフトオフィス(MS Office)が圧倒的シェアを占めているから。
の2点に尽きます。

スポンサーリンク

Microsoftは、Windowsに相性のイイWordやExcelといったソフトを販売して、それらをビジネス上のスタンダードツールとしたことによって売上を伸ばしたわけです。

しかしそれも最近は、Googleをはじめとしたところが、MS Officeと同機能の製品を無料または廉価で提供し始め、賢いユーザーが序々に離れはじめています。

今や、ネット上のフリーソフトは、基本的な機能であれば、充分使えるモノばかりですからね!

それに危機感を覚えたのか、ここにきてMicrosoftは、WordやExcelを無料で使えるサービスを提供し始めています。

実はMicrosoftのクラウドサービスであるOneDriveを利用すれば、WordやExcelを無料で使うことができるんです。

ただ、並行してマイクロソフトは有料製品版も相変わらず販売しているので、それら有料版と比べたら機能は簡易的に落としてありますが、しかし基本的な文書の作成であれば充分使えます♪
既存の文書を編集することもできますし、新規で文書を作ることもできます!

OneDriveを利用するには、Microsoftアカウントを取得する必要がありますが、これは無料で取得できますし、今後Windows8のパソコンを使っていくことになれば、Windows8のパソコンにログインする際のIDを、Microsoftアカウントにすることもできるので、Microsoftアカウントを取得してOneDriveを利用しないテは無いと思います。

というわけで、参考までに、以下実際のOneDriveの画面を掲載しておきますね。

クラウドを利用したMS Officeの無料版は、WebAppと呼ばれています。
Microsoft Office Web Apps

Excelの文書をWebAppで表示するとこんな感じ
Microsoft Office Web Apps
Microsoft Excel Web App

Excelの文書をWebAppで表示するとこんな感じ
Microsoft Office Web Apps
Microsoft Word Web App

OneDriveの管理画面
Microsoft Office Web Apps

OneDriveのファイル一覧画面
Microsoft Office Web Apps

スポンサーリンク

タグ:, , , , , ,

facebookページいいね!してね @specium

ページトップへ