名古屋と岐阜で中小企業さまを対象にITによる経営支援をしている株式会社スペシウムです。

定期購入は購入する側、販売する側、両社にメリットがあります

● 定期購入は購入する側、販売する側、両社にメリットがあります

スペシウムの浅井達也です。

今やネットで買い物をすることは、特別な事でもなければ、”思い切らないとできない”という代物でもありません。商品を購入する際の一つの手段として既に確立されたものになっています。

そのネットショッピングに、最近「定期購入」が広がってきています。

スポンサーリンク

定期購入イメージ

定期購入とは、たとえば毎月決まったサイトやショップから商品を文字通り定期的に購入するという方法です。

この定期購入という方法は、購入する側、販売する側、両方にメリットがあります。

購入する側のメリットとしては、
・定価より割安で購入する事ができる
・都度購入よりお得な情報が得られる
・商品選びをする必要がない
・注文する手間が省ける
・届く商品が楽しみになる(わくわく感が持てる)
・限定品を先行して予約購入することができる
といったものがあります。

一方、販売する側のメリットとしては、
・定期購入者は固定客、つまりお得意さまとなる
・都度客より、広告をうちやすい
・都度客より、購入率が高いお客を囲うことができる
・定期的な売上、つまり安定的な売上として計算できるようになる
・たとえば月々の価格が安くなる年間払いを設けて、金額を先に受取ることができる
・売上単価を上げることができる
・大量発注ができるので、仕入原価を抑えることができる
といったものがあげられます。

販売側が定期購入を促すには、
・定期購入の方が、都度購入、もしくは単品購入よりお値打ちだと伝える
・返品、キャンセルについての明示
が必要です。

そしてこれは、定期購入に限ったことではありませんが、直接の対面販売ができないネットではとりわけ重要なのが、その商品を買う理由付けをしてあげるということ。

具体的には、その商品に対するストーリーをたくさん語ってあげるということが、とても重要になってくるのです。

スポンサーリンク

タグ:,

facebookページいいね!してね @specium

ページトップへ